トマトの増やし方

Home / how to / トマトの増やし方

夏を代表する野菜といえばトマトですね。比較的育てるのが簡単で家庭菜園ではおなじみの野菜です。
 
 
今日はそんなトマト苗の増やし方をご紹介!
 
 
 
 
 
 

まず、脇芽を育てよう!

 

 

 
「えっ、脇芽って摘み取るんじゃないの!?」
 
 
そう思った方はさすがっ!あなたは野菜マスターだ!!(わからない人は調べてね)
 
 
そう、トマト栽培では常識の「脇芽摘み」。それを摘まずに育てます。と言っても脇芽ばかり伸ばしてトマトの成長を妨げてしまったら本末転倒なので、1株につき脇芽を一つ(勢いのある元気そうな脇芽)だけ残して後は摘み取りましょう。この1本を15cmくらいになるまで伸ばします。
 
DSC05806
真ん中に大きく伸びてるのが「脇芽」。
 
 
 
 

脇芽を切る

 
脇芽が15cmくらいになったらハサミでバッサリ切りましょう。その時斜めに切って切断面をなるべく広くとるように。(←このあと根を育てる段階で水の吸収をよくするため)
 
 DSC05807
 
DSC05808
 
 
 
 

根を出させる

 
容器(透明なものなら何でもよろし)に切った断面から2〜3cmが浸るくらいまで水を入れ10日前後屋内などで放置します。(途中2〜3回の水やりがおすすめ。水が濁り始めたら交換のサインです。)
 
DSC05818
 
DSC05313
 
DSC05311
白い根が出始めました。
 
 
 
 
根が出たー!
 
1週間過ぎたあたりから徐々に根っこが伸び始めてきます。
 
根が出始めて4日ほど。ここまで根が出たら準備オーケー!土に植えましょう。
 
 
DSC05810 
 
 
※屋内では直射日光の当らない比較的明るい場所がおすすめ。
 
※根が出ずドロドロになってしまう苗も出てくるので、こまめにチェックしてあげましょう。
 
 
 
 
 

土に植える

 
根っこの部分が隠れるように土に植えてあげます。その際は斜めに倒して植えてあげるように。トマトは比較的強い作物ですがよりおいしいトマトを実らしてもらうためワザと斜めに倒して植えます。苗が必死に起き上がろうと頑張るためより強くておいしい苗へと成長してくれるはず。
 
 
DSC05812
 
DSC05813
 
DSC05814
何日か経つと、自ら立ち上がってきます。
 
 
 
あとは通常のトマトの育て方と一緒です。
 
そして、その苗からまた脇芽が出て、それを苗にして、、、
 
と気温と土地が続く限り永遠とトマトを増やせる、はずです。(やったことはないけど)
 
 
 
たくさんの苗を買わなくても、この方法で株を増やすことが可能なのでかなり経済的。苗代はばかになりませんからね。
 
 
ちなみに僕たち家族、昨年はこの方法で8株から40株を増やすことができました。
 
 
DSC05817
 
慣れると簡単ですが、最近伸びてくる白い根っこを見ると背筋がゾワゾワするようになりました。
 
 
うぅ〜〜、ちょっと苦手。。
 
でもドンドン増えていくので、楽しくなりますよー!
 
 
 
 
 
 
 
 
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 kotaro kirihara

Comments(0)

Leave a Comment