台湾子連れ珍道中:高速バスの乗り方

Home / travel world / 台湾子連れ珍道中:高速バスの乗り方

日本から台湾に訪れる場合、北部の桃園空港か松山空港に到着すると思います。
 
到着したらそのまま台湾北部を巡るのも良いですが、僕たち家族のオススメはダンゼン台湾南部!
 
台北が福岡とすれば、南部の高雄市は宮崎あたりといったところでしょうか。(地理的にはね。)
 
なぜ九州で例えたかと言うと、台湾の面積は九州とほぼ同じ。島の形も南北に長い感じがどことなく似ているから。
 
緯度だけで言えば沖縄より南にある台湾南部への移動は早い順で、飛行機、新幹線、高速バス、ローカル電車があります。
 
今回は台北から高速バスで移動してみましょう!
 
もちろん子供たち2人と。
 
 
 
 
 

チケットの買い方

 
チケット売り場は台北の巨大なバスターミナル1階にて。台北車站(台北駅)から連結しているので分かりやすい。
 
DSC00643 
 
 
初めての人は、まず間違いなくどの窓口に並んでいいのか分からないので、総合案内で「ここに行きたいんだけど〜」的に行き先地を書いた紙(もしくはスマホ)を見せよう。お姉さんが「○○番に並んで下さい。」と教えてくれます。
 
 
案内された窓口に並び順番が来たら「ここに行きたいんだけど〜」とさきほどと同じやり取りを。英語が通じる人もいるけどほとんどが通じません。なのでやり取りはスマホ(もしくは紙)とジェスチャーで。
 
DSC00641
 
 
 
大人2枚と子供1枚ゲット。
※子供は席を使うようであれば大人料金の半額。使わず抱っこであれば無料です。
(うちは2歳児が抱っこで5歳児が半券でした。)
 
DSC00647
 
 
 
 
 

バス乗り場

 
乗り場はチケット売り場(1階)の上2〜4階。チケットを買う時に案内されるので、乗車時間前には乗り場の階で待機をしておくように。時間になると乗車時間を書いたカードを掲げて「時間ですよー」と辺りに呼びかけてくれます。(前もって乗り場の係員に「時間になったら声かけてね〜。」と話しておくと合図してくれるので便利です)
 
 
また、台北のバスターミナルには売店がいっぱい。長い時間を過ごす場合はここで飲み物等をゲットしておこう!
 
 
 DSC00655
 

 
 
 

乗りごごち

 
今回の台北〜高雄へは「和欣客運」というバス会社を使いました。
 
乗ってから知ったけど、これかなり豪華なリムジンバスだわ。。
 
座席が20席にも満たない余裕っぷり。
 
 
DSC01315
 
DSC01328
 
 
 
セミリクライニングのゆったりシートにはモニターやUSB充電口、更にはマッサージ機能も。念のためこんなに豪華じゃない高速バスももちろんあります。(というかそっちの方が主流。。)
 
DSC01339
 
DSC01341
 
DSC01335
 
DSC01331
 
 
 
 
途中乗り換えを1回はさみ、無事高雄に到着!
 
 
 
さあさあ、高雄の街をブラつきますか〜!!
 
 
DSC01356
 
 
 
 
 
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 kotaro kirihara

Comments(0)

Leave a Comment