宜蘭(イーラン)県の子連れオススメ宿:幸福三百米

Home / travel world / 宜蘭(イーラン)県の子連れオススメ宿:幸福三百米

都会が苦手な僕たち家族は、人で賑わう台北を離れ一路郊外へ。
 
 
向かった先は、宜蘭(イーラン)県
 
 
地質豊かな宜蘭県は天然温泉地が栄え、「台湾の米どころ」と言われるだけありのどかな水田が見渡す限りに広がる。
 
 
美味しい水源も点在しどこか東川と似ていて、僕たち家族にとってはとても落ち着く地域だと感じた。 
 
DSC00676
水田が広がる宜蘭の町の風景。
 
 
 
 
今回ステイしたのはのどかな田園地帯にある3階建てのB&B「幸福三百米」
 
 
DSC00843
 
 
 
 
 
フレンドリーなオーナー夫婦は2人の子持ちで、我が家の娘たちと歳が近いこともあり子供達はすぐに意気投合。
 
 
 
DSC00707
子供達は一瞬で仲良しに。
 
 
 
 
建物内には絵本ルームやキッズスペースなど子連れ設備が充実し、朝食がめっちゃ美味いっ!
 
 
台湾の朝ご飯を満喫できます。
 
 
DSC00827
 
DSC00832
 
DSC00829
 
 
 
 
 
 
日本の大学出のオーナーのお兄さんも頻繁に出入りしているので、日本語での対応もバッチリです。
 
 
DSC00874
僕たちが泊まった部屋。
 
DSC00872
 
DSC00865
シャンプー類はオーガニックだ。
 
 
 
 
最寄りの羅東駅から車で約10分なので羅東夜市(←台湾で訪れた中で一番のオススメ夜市!)も楽しめるのもグッド。
 
 
DSC00859 
DSC00679
 
 
 
滞在中はとても親切にしていただき、おすすめ子連れスポットもたくさん教えていただけた。
 
(↑これについては後々紹介します。)
 
 
DSC00886 
 
 
 
 
旅先の子連れ情報は、ローカル家族に聞くのが一番。
 
 
 
そういった意味で、子連れにオススメのB&Bです。
 
 
 
 
 
 
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 kotaro kirihara

Comments(0)

Leave a Comment