子連れ必見!海外旅行の持ち物で失敗したもの6選

Home / items / 子連れ必見!海外旅行の持ち物で失敗したもの6選

 

心が弾む久しぶりの海外旅行。

もう今すぐにでも飛び出したい気持ちですよね〜

でも、その前にやらなきゃいけないことがある。

そう、旅支度です。

ましてや小さい子供や赤ちゃんも一緒の場合は自分のこと以上に気を配ります。

「あれ持っていかなきゃ!、これ持っていかなきゃ!」
「着替えの服はこれくらいで足りる?」
「おむつは何枚持ってけばいいの??」

 

もしかしたらあなたは子連れ海外旅行が初めての経験かもしれない。

もしかしたら以前それで振り回されて行くのが嫌になってしまったかもしれない。

 

でも、もう安心!

 

子連れ(3歳児と0歳児)で世界中を旅する僕たち家族が旅に持って行ったアイテムで、「これはいらなかった。。」と海外に持ってきたことを後悔した品々をご紹介します。

 

 

スーツケース

これは持って行ったことを本当に後悔しました。

子連れの旅行では「両手を常に空けておくこと」が何よりも大事。子供が飛び出したり、ぐずったり、寝てしまったりと「その時」は突然やってきます。スーツケースで片手が塞がっていると、いざという時の対応が遅れる。また大きいスーツケースは機内持ち込み出来ないので、降りた時にバゲッジクレームで待たなければいけません。以外とこの時にトラブルを起こす人が多いので、飛行機を降りたらサッと空港を飛び出せるよう基本はバックパッカースタイルがおすすめ。ザックじゃなくてもいいので背中に背負える、機内持ち込み可能なカバンが最適ですよ。

旅の不用品:スーツケース
100Lのスーツケースは、旅の途中ホテルロビーにいたお姉さんに譲った。

 

 

ベビーカー

これは賛否両論あると思いますが、僕たちは「いらない。」

いくつかの先進国を除き日本より歩道がきれいに整備されている国は滅多にありません。特にアジアの島などは歩道どころかジャリ道や数々の段差、水たまりなどが普通。便利なはずのベビーカーが、突然大きな「お荷物」となってしいます。更にそのような地域で日本のベビーカーを使っていると「お金持ち」と見られるのは当然で、犯罪に遭う確率を大きく上げてしまうのです。現地の人を見てください、「抱っこ」で十分です。(でも、ずっと抱っこは大変なので抱っこ紐と併用で。)また、スーツケース同様ベビーカーは絶対に機内に預けなければいけないので、着陸してからのスタートダッシュを切る妨げともなります。

どうしても必要な場合は現地で簡易の折りたたみ式のものをゲットしましょう。

旅の不用品:ベビーカー
海外ではデコボコ道だったり、舗装されていなかったり。。

 

 

着替え

荷物の大半を占める着替えは、大人も子供も2〜3セットあれば十分。それ以上は過剰かなと思います。(実際僕たちは10セットづつフィリピンに持って行ったので、上記のようなスーツケースで行かなければいけなかった失敗談があります。)子供の服なので毎日部屋の洗面台で洗っても苦にはならないはず。暖かい国であれば紐かハンガーに吊るしておけばすぐに乾きます。足りなくなったら現地調達すればいいのです!

ハワイのThrift shopにて
足りなくなったら現地調達!ハワイでは「Thrift shop」へ。

 

 

おむつ

これも多くのパパママが悩むアイテムでしょう。よほどのこだわりがない限り現地調達が良いでしょう。赤ちゃんは世界中もちろん何処にでもいるので、現地でオムツが手に入らない訳がありません。
※上級者のために「布おむつ」という手段もあります。必要枚数持っていけばかさばらないし、現地で調達しなくてもいい。でも自分で洗うことが前提条件です。

旅の不用品:おむつ

 

ガイドブック

本は重いんです。。何冊か持っていくと結構な重量になるし、案外ガイドブックって現地で見ないものです。ガイドブックなんて見ていると観光客って丸分かりだし、子供から目を離すことにもことにもなり結構危険。ガイドブックは日本で事前確認で使う程度にしてザックリと覚えていきましょう!「でも、忘れてしまったらどうしよう。。」と思っている方、そんな記憶にも残らないような場所はそもそも行くべきじゃないですよ。子連れ旅行では基本のんびり過ごす。現地の人との会話を楽しんでその中で出てきた場所に行ってみる。そのほとんどがガイドブックには載っていなくて、それ以上に楽しい場所でしょう。旅は自分たちで作っていくもの。1日1箇所に絞るくらいが子連れ旅行にはベストです。

どうしても覚えておきたい情報があるときは、スマホなど現地で使う物に写真で保存しておきましょう。

 

サンダル

「ビーチにはビーサンでしょ!」と意気込んで持って行ったビーチサンダルは結局疲れの元でした。。上のベビーカーで書いたように、海外は悪路が結構多いのでほとんど裸足状態のビーサンは、怪我の元。大変危険です!それにパッカパッカとカカト部分が歩くたびに離れるので歩きづらいし疲れる!ましてやビーチでは海にそのまま入りずらく、裸足でウニや珊瑚などに立ち向かわなければいけないので危険が多い!
ビーチでは足の甲や指が保護できて、なおかつカカト部分をベルトで固定するタイプのものをお勧めします。

旅の不用品:サンダル
舗装されていない海外でのサンダル使用は危険。

 

 

 

いかがでしたか?

 

楽しいはずの海外旅行がモノに縛られては本末転倒。

大人も子供も楽しめません。

旅をする上でも常に「シンプル」でいることを心掛けたいものものです。

 

南の島で沈む夕日を見ながらビーチを散歩する。

ヨーロッパの静かな街でブランチをゆっくりと楽しむ。

活気溢れるアジアのマーケットをあれこれ散策をする。

 

目指すはローカルが日々を過ごすように現地に馴染むこと。
その為には荷物を極限まで減らすことにつきると思います。

 

ぜひ今度の子連れ海外旅行の参考に!

 

※この旅での失敗を元に、帰国時買い足したアイテムはこちら↓の記事にて!

「海外旅行から帰ってきて早速買い換えたアイテム」

 

 

 

[ 関連記事 ]

・子連れ海外旅行:4人家族25泊の全荷物

・台湾子連れ珍道中:いざバリ島へ!…のはずが、まさかの、、、 vol.1

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015 kotaro kirihara

Comments(0)

Leave a Comment