子連れ海外旅行:4人家族25泊の全荷物

Home / nomad / 子連れ海外旅行:4人家族25泊の全荷物

いきなり25泊ってどういうこと?
 
と思われるかもしれませんが、25泊は25泊です。
 
台湾4泊、バリ島(ウブド)21泊。幼児2人と夫婦2人の4人家族。
 
おおよそ1ヶ月に渡る海外旅行の全荷物です。
 
 
 
 

・荷物は大きく分けて2つ

 
一つめ。宿泊日数が多いウブド分はPatagoniaの45Lバック「Transport MLC」に。重さ約7kg。
 
 DSC01627

 

[Transport MLCに入れたもの]

・4人分の着替え約1日分(圧縮パック2つ)
・水着類
・子供たちのサンダル
・友人へのお届け物
・書類など
・日焼け止めなど
 
↑を収納して2割ほど余裕あり。
 
 
 
 
2つめ。宿泊日数の少ない台湾分は、仕事道具(PC、カメラ類)と一緒にthe North Faceの33Lバック「Big Shot」に。重さ約10kg。
 
DSC00692 

 

[Big Shotに入れたもの]

・PC類(macbook pro 15’、iPad mini、SIM free iPhone、ペンタブ、充電器)
・充電コード類(USB、Lightningコード×3本くらい、充電器)
・カメラ類(RX-1、GoPro Hero 3 + 3DGymbal、SDカード数枚、予備電池)
・ノート、書類(パスポートなど)
・メディカル類(体温計、バンドエイド、爪切り、薬、虫除けなど)
・Patagonia Lightweight Travel Tote Bag(現地での行動用。22L)
・4人分の着替え1日分(圧縮パック1つ)
・帽子
・小銭入れ
 
↑を収納して3割ほど余裕あり。
 
DSC00697
これはBig Shot。メインルームにまだ余裕あり。現地での水ボトルなどを収納します。
 
 
 
荷物はこの2つのバックのみ。
 
 
到着してからのスタートダッシュが旅のキモなので2つとも機内持ち込みです。
飛行機降りたら荷物を待たずにそのまま空港を飛び出すのが僕たち流。
 
昔よりだいぶ厳選されてきたけど、まだまだ身軽とは言えず。
でも2人の幼児連れにしては少ないほうだと思います。この日数を考えればね。
 
着替えは着ている分含め各々3日分のみ。洗濯すればどうにでもなりますからね。なるべく軽い素材でコンパクトに丸めるものがベスト。
 
 
 
あとは仕事関連の機械類をどうにか減らしたい。できればmacbook proを無くしてiPadかiPhoneで仕事が完結できるようになれば、かなり軽くなる計算。将来的には33LのBig Shotひとつで同じ日数がこなせるようにしたい。
 
 
DSC00457
一人で持ってもまだ片手が余ります。
DSC00460
Patagonia MLCを背負うとこんな感じ。ちなみにこの肩紐は収納可能。
 
 

子連れ海外旅行、僕たち家族の2つの鉄則

 

1. 着替えは最小限で

荷物の中で一番かさばるのが着替え(服)です。これをどれだけ少なくするかが子連れ旅の秘訣です。実体験として着ている分含め3日分あれば十分。よって2日に1回は洗濯する覚悟で。
 
 
 

2. 両手を常に空けておく

子供は常に予測不能の動きをします。特に住み慣れない海外ではとっさの行動が命取りになることも。(うちの長女が2歳の時、ハワイ島にて一瞬目を離した隙にいなくなりヒヤッとした経験も、、)何かあってもすぐに両手が使えるよう荷物は背負えるバックタイプがおすすめ。patagoniaのTransport MLCは持ち方が3パターンあるのでとってもおすすめです。容量もかなり入ります。
 
 
 
足りないくらいがちょうどいい。
 
腹八分じゃないけど、旅の荷物もそれくらいがちょうど良い。
 
何か足りなければ自分たちで考えて、その土地なりの解決法を見つける。
 
またそれも旅の醍醐味なのだと感じます。
 
 
 
追記
 
4泊の予定だった台湾がトラブル発生でまさかの15泊に!?
そんな緊急事態にも、荷物が少なければ臨機応変に行動できるものです。
 
 
 

Comments(0)

Leave a Comment