DIY:古くなった引き戸の戸車を交換する

Home / DIY / DIY:古くなった引き戸の戸車を交換する

ぼくたちのお店の入り口は引き戸です。
 
一度来てくれた人なら分かるけど、引きがかなり悪いんです、この戸、、
 
初めて来た人に「閉まってるのかと思いました〜」としょっちゅう言われるくらい戸が重たい。。。
 
というのもこの古家に元々あったものを使っているのだから、ガタが来てるのも当然。
 
本当はドアタイプに改修する予定だったけど、「この引き戸は雰囲気あって良いね〜!」なんて言ってくれる人が結構いたものだから、そのまま使うことになったのです。
 
 
建てつけが悪い、という以前に戸車(戸の下に付いてる滑車)がボロボロになっていて効いていないのが原因。
 
 
 
「直そう、直そう。」と思ってはいたものの、なかなか重い腰が上がらずやっとのことで修理です。
 
 
 
 
 

[ 戸を外して戸車の状態を調べる ]

 
 
まずは戸を外して下の戸車を確認。
 
戸車は2つ付いています。
 
 
dsc09240
これが戸車。かなりの年季が入っています、というかボロボロ。。
 
 
 
マイナスドライバーで少し触っただけでポロっと取れてしまった。かなりの傷みよう。
 
dsc09243 
 
 
取った(取れた、、)戸車を持ってホームセンターへ。新しい戸車を買いに行きましょう。だいたい同じようなサイズのものを選ぶこと。
 
※戸車には「平型」と「丸型」があるので間違えないように注意。引き戸を通すレールの形状によって違うので、戸を外した時にレールの形状も確かめておくように。
 
 
dsc09245
うちのはレールが平たいので「平型」の戸車を買う。

 

 
うちのはレールが「平型」なのでそれに対応する戸車を選ぶ。
 
dsc09244 
 
 
 
 

[ 取り付け ]

 
 
さあ、戻ってきたらさっそく取り付けます。
 
古い戸車を外した場所に新しい戸車をはめてみます。
 
 
dsc09250
左側を押し込むと右側が浮き出てくる。。調整が必要なようです。
 
 
 
「あれ、収まらない。。」
 
よく見ると戸車のデザインがちょっとだけ違うので、以前の枠にはまらない。
 
 
dsc09249
 
dsc09251
 
 
 
 
ノミを使って枠の部分をちょっとずつ削って行きましょう。削りすぎると釘で留められなくなっちゃうので慎重に!これでピッタリ収まりました。付属の釘で留める。もう一個も同様に。
 
 
dsc09257
釘でしっかり留める。

 

dsc09258
新しい戸車が2つ付きました。
 
 
 
 
 
取り付け終わったら戸をレールに戻して何度か押し引きしてみましょう。
 
引っかかりがなくスーっと開け閉めができればOKです。
 
 
もし何か引っかかるようなら、何が原因かを突き止めましょう。
 
【ぼくの場合】古い戸車が長年の使用での陥没してしまっていて、むき出しになった木の部分がレールに干渉していました。干渉している木部をノミで削ると、スーっと通るように!
 
dsc09378
取り付け完了!かなりスルスルになりました!
 
 
 
 
ここまで古い引き戸を現役で使っている人は珍しいと思いますが、引き戸の引きが悪くなったら戸車を交換してみてください。
 
 
 
 
 
直したは良いけど、スルスル引け過ぎて逆に危ないかも。。
 
勢いよく閉まるものだから、もろいガラスが割れないかドキドキ、、
 
このガラスはもう作られていない年代物だからな〜
 
ゴム板でも付けてみよう。でもそれは、次回。
 
 
 
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016 kotaro kirihara

Comments(0)

Leave a Comment