旅する良品vol10:ChacoのZサンダル

Home / items / 旅する良品vol10:ChacoのZサンダル

現在インドネシアと台湾を約1ヶ月かけて旅していますが、僕たち夫婦の足元はChacoのZサンダル一本。靴はこれしか持ってきてません。
 
 
と言うか僕に至っては日本でも冬以外はこのサンダルで過ごすほどの愛用ぶり。
 
 
まさに全天候型スーパーアウトドアサンダル!
 
DSC03855
 
 
 
僕たちが旅して暮らす上でChacoに対する信頼度は絶大なのです。
 
そんなChaco:Zサンダルの良いところ、4年弱履き続けたレビューです。
 
 
 

 

・あらゆる足のサイズ・形に調節可能

ChacoのZサンダルは「ウェビング」と呼ばれる紐で甲と足首を固定します。なので様々な足のサイズや形に対応。紐は締め付けるというより、優しくホールドされる感じなので、長時間履いても「痛い」と感じることは皆無です。

 

DSC02666
購入した最初は紐全体を自分の足用に調整するが、その後普段はここ(足首)のストラップのみの調整。

 

 

 

・疲れない

Chacoのソールは足裏に密着するようにデザインされている為長時間の移動でも余り疲れません。また靴底が厚いのでジャリ道などの悪路もへっちゃら。ソールは全部で4種類。↓はヌルヌルの岩面を僕が登り下りする動画ですが、地面をガッシリとグリップしてくれるほどしっかり出来ています。
 
DSC02609
 
 
 
 
 
 

・洗濯機で洗える

旅でのヘビーユースに靴の汚れと匂いはつきもの。それをも解消してくれるこのサンダル。洗濯ネットにChacoを入れて洗濯機でジャブジャブ洗えばすっきり清潔。これChacoオフィシャルの洗い方です。ただマナーとして靴裏のヘビーな汚れはあらかじめタワシ等で落とすようにしていますよ。洗濯後たとえ乾かなくても履いていればそのうち自然に乾きます、何たって水陸両用ですから。
 
DSC02357
洗濯ネットに入れて、、
 
DSC02360
洗濯機でジャブジャブ。

 

 

 

・水陸両用

旅では様々な場面に出くわします。特に水辺で遊ぶことが多い僕たち家族。そんな時にいちいち靴を脱いでズボンをまくって、、なんて面倒くさがりな僕はしません。水着にこのサンダルの組み合わせなら、水場を見つけたらそのままインッ!このサンダルならビーチで、公園の水場で、川で、靴を脱いでまた履いてという煩わしさとはおさらば。濡れったってすぐに乾きます。
 
DSC03625
 
 
 

・靴下も履ける

このサンダルは靴下で履いても全く違和感がありません。これ凄く大事。「足元が冷えるなぁ」と思ったら靴下を履けばよろし。ビーサンではできない技です。実際僕たちはマイナス10度の東川町からこのサンダルで旅立ってます。
 
DSC00461
寒いときは靴下をオン。

 

 
 
良いことばかり書きましたが「ここは改善してほしいなー」という点が一点だけ↓
 
4年近く履き続けていると足首を締めるウェビング(ストラップ)が痛んできました。まだ切れないだろうけどもって後1年くらいかも。このウェビングの交換がメーカーに頼まないと出来ない上に結構高いです。(もう少し出せば新品が買えるくらい。)ウェビングはバリエーションが豊富にあるがゆえ、もう少し交換賃を抑えてくれれば言うことなし。
 
DSC02607
 
 
 
 
草履から始まりたくさんの靴を試しましたが、このサンダル以上に旅との相性が良い靴には出逢ったことがありません。
 
 
オフィシャルサイトでは、今までなかったキッズ用も販売されていますね。
これは子供たち用に早速ゲットせねば!
 
 
とにかくオススメ!!
 
 
 
 
 
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 kotaro kirihara

Comments(0)

Leave a Comment