ハワイ島、チャイルドシートは「レンタル」より「購入」

Home / travel world / ハワイ島、チャイルドシートは「レンタル」より「購入」

ハワイ島に来てます。
 
今回も3歳と6歳の娘2人を連れて約3週間のステイ。
 
 
 
ハワイ島広いんでレンタカー借りたけどチャイルドシートはこっちもマスト。むしろ日本より規制が厳しいからオプションで一緒につけるのが普通だけど、やたら高い。
 
 
DSC07800+
今回借りた車。一番小さいサイズ。コンパクトです。
 
 
 
 
子供の年齢にもよるけどうちらのレンタカー屋さんは3歳用の「child seat」と6歳用の「booster seat」がそれぞれ1日$8.27。20日間借りると$8.27×2人分×20日=$330.8という計算!!
 
 
高いっすよね、普通に。。
 
 
絶対ぼくらこの値段では借りません。
 
 
だってレンタカー代の半分以上するんですもの。
 
 
 
 
 
じゃあ、いつもどうするのかというと「買い」ます。
 
 
 
 
 

チャイルドシートを買う

 
 
チャイルドシート付けずにエアポートでレンタカーを借りたら、速攻で近くの大型ショッピングセンターへ直行します。
 
 
「チャイルドシートは付けなくていいかい?」とカウンターで聞かれても、「こっちの友達に借りるから大丈夫さ!」と軽く流しましょう。
 
 
もちろん捕まりたくないので、その間キッズ達には後部座席で隠れ気味に座っててもらいます(笑)
 
 
今回寄ったのはTarget。空港から約10分ほどの大型ショッピング店です。
 
 
向かったキッズコーナーにありましたありました。たくさんのチャイルドシート達が♪
 
 
 
DSC07838+
 
 
 
 
ゲットしたのはこの2つ↓
 
 
 
DSC07233+
こちらは3歳の次女用。
 
DSC07234+
こちらは6歳の長女用。
 
 
 
 
 
 
合計で約$75。
 
 
うーん、安いね!
 
 
レンタルするより$250も安くなっちゃった!
 
その分浮いたお金でおいしいものでも食べちゃおう!
 
 
さっそくうちのキッズ達にも座っていただく。
 
 
DSC07598+
 
DSC07594+
 
 
 
「おおー、ご満悦そうで何より!」
 
次女に至ってはこのシートに座ると100%寝てしまうので、「マジカルシート」と勝手に命名。
 
 
ドライブ中もお利口に座ってもらえるから親にとっても大助かりです。
 
 
 
 
 
 
 
でもちょっと待って!
 
 
「買った以上帰る時はどうするの?」
 
そんな疑問が湧くとは思いますが、その話はまた次回。
 
 
 
 
1週間以上アメリカにステイするなら、チャイルドシートはレンタルより「買い」です。
 
 
プチ海外子連れ旅行術でした。
 
 
 
 
 
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 kotaro kirihara

Comments(0)

Leave a Comment