ハワイ島で「はじめてのおつかい」英会話編

Home / nomad / ハワイ島で「はじめてのおつかい」英会話編

年中さんから英会話教室に通っている長女。

 

せっかくのハワイ島滞在なので、英会話のスキルを一気にジャンプアップ大作戦です!

 

語学学習はローカルでの実戦が何より身につくもの。

 

 

 

パパ:「欲しいものは買ってあげる。」

 

長女:「やったーーーー!!」

 

パパ:「だけど、自分ひとりで選んで注文すること。」

 

長女:「うんうん!!」

 

パパ:「パパたちは離れて見ているから困っても頼らないこと。」

 

長女:「はいっ!」

 

パパ:「ただし、ぜんぶ英語だよ。」

 

長女:「、、、えええ〜〜〜〜!」

 

 

と、最初はふくれてたけど渋々OKした長女。

「欲しいもののためなら!食べたいもののためなら!」とやる気を出し、いざ実戦スタートです↓

 

 

 

DSC07153+
欲しいジュースをジーっと見つめる。

 

 

まずはファーマーズマーケットで飲み物をご注文。

順番を待っているときは緊張しているのか、顔がこわばってます。

 

こちら(パパの方)をチラチラ見ながら列に並ぶ長女。緊張しているんだね。

 

順番が回ってきてまず何を言うのかと思えば、欲しいジュースを指でさしました。

ワオ、一言も発せず。「まあ、最初はこんなものか(笑)」

 

DSC07371+
ちょっと離れたところから「買いたいけどどうしよっかな。」
DSC07375+
実戦をかさね徐々に積極的になっていきます。

 

DSC07362+

 

 

 

DSC07812+
次女にも付きそってあげる優しいお姉ちゃん。だんだん余裕が出てきました。
DSC07186+
友達へ送る手紙を自分で選んでます。
DSC07189+
「◯◯、プリーズ!」はおてのもの。
DSC07194+
自分でオーダーしたアイスをパクリ。「パパも食べたかったら自分でね!」と得意げです(笑)

 

 

そんな長女も実戦を繰り返すうちに、ひと言、ふた言、会話が続いていくように見受けられます。

 

近づいて聞いてみると、「How are you?」→「Fine. Thank you!」とか「How old are you?」→「Five!(おしいっ!数字間違ってるけどね!)」とか簡単な質問には答えられている様子。

 

英会話の成果か相手が言ったことは何となくわかるご様子なのでリスニング力は付いているね。ただそれに対しての返答がまだ難しそうです。

 

DSC07346+

 

 

 

 

実は、今回の英会話ジャンプアップ作戦ですが長女の英会話力うんぬんというより、

 

 

「自分ひとりで欲しいものを考え、選び、買う力。」

 

「異文化圏で多人種の人たちとコミュニケーションする力。」

 

↑こういった力を実戦で身につけて欲しいというのが裏テーマにありました。

 

 

アメリカ生活での経験上、異文化圏の人たちと「普通に」コミュニケーションする力が日本人は低いと感じます。(これは英語が話せる話せないは別として。)

 

その壁を若いうちから払拭してしまおうというのが今回の作戦の大きなテーマでした。

 

旅の終盤、ハンバーガー屋さんでカウンター越しに現地のおじちゃんと普通に会話している長女を見て、何となくその壁は崩せたかなと思います。

 

 

DSC07644+
カウンター越しに何を話してるのかと思えば、おじちゃんに日本語を教えてたり!?まあ、普通に会話できてるからノープロブレム!

 

DSC07641+

 

 

 

さあ、この壁を乗り越えれば英語なんてあっという間に喋れるようになってくるよ。

 

頑張れ、長女!

 

 

 

 

[ 関連記事 ]

・ハワイ島子連れ旅行記:おすすめスーパー「ISLAND NATURALS」

・ハワイ島ワイメアのおすすめスーパー「NATURAL FOODS」

・ハワイ島子連れ旅行記:MAKU’U FARMER’S MARKET

・ハワイ島子連れ旅行記:一軒家をシェア

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 kotaro kirihara

アートディレクター、自然農家、ハウスリノベーター、たい焼き職人、イベントプロデューサーなどなど、肩書きが多すぎてもはや「旅人」と名乗る今日この頃。。頭より先に手が動く超行動派だけどとーっても飽きやすい性格。でも基本は「旅するよう」にボーッと暮らしたい。そんな日々の綴りです。


Comments(0)

Leave a Comment