旭川での素敵な出逢い

Home / people / 旭川での素敵な出逢い

 

旅を続けていると、素敵な出逢いに恵まれる。

 

旭川に滞在中、偶然知り合えたリッチーとトシさんは
60種ものオーガニックニンニクを作る農家だが
二人からは農家らしい印象はなく
とても素敵の夫婦の雰囲気だ。

 

実際僕らも家の道先でカゴに飾られたトマトが
可愛らしく売られている雰囲気に釣られて
偶然ここに車を停めたのだ。

 

見渡すと敷地内には何やら改装途中の
素敵な平屋が潜んでいる(ワクワク)

 

こうなってしまうと遠慮より探究心が先に出てしまい
知らない敷地でもズカズカと入り込んでしまうのが悪い癖。

 

ドアをノックすると先ずリッチーが出て来た。
外国の方だったので「なるほど、だからこの雰囲気なのか」
と心の中で納得しつつ、この失礼な日本人に対して
嫌な顔をされないかと内心ドキドキしたが
家を拝見したい旨を伝えると快く屋内に招き入れてくれた。

 

話を聞くとこの土地は2年ほど前に農業をやるために購入したそう。
「ボロボロの小屋がついてきたから
フレームだけ残して自分で改修しているんだ。」
とリッチーは軽く言ってくれたが、電気や配管、
フレームを持ち上げて基礎をしき直すなど、
素人では重量級の作業を一人で手掛けている。

その道のプロか、もしくは以前にも改修した経験があるのかを訪ねた所
「今回が初めてだよ。」と笑って答えてくれた。
60近い年齢なのに、恐るべしだ。

 

その後も日を改め再訪し、たくさんのことを話した。
これからの生き方について、食べ物について、子供達の未来について。

リッチーは久しぶりに英語がしゃべれたのが嬉しかったのと
お互いの価値観が近いことから
僕たち家族をえらく気に入ってくれて
近くにある秘密の土地まで紹介してくれた。

 

リッチーとトシさんは東日本大震災をきっかけに
「自分たちが大切だと思うことだけを選んで生きて行く」
ことを決心し無農薬のニンニクを栽培する農家となり
「自分たちで創る生活」を選んだ理想的な二人だ。

 

彼らのように北海道の広い大地で
「創る生活」を再開してもいいかもと思った。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015 kotaro kirihara

Comments(0)

Leave a Comment